FC2ブログ

stormcloud

がむしゃら 500キロ(Day 1~2)

Category: OTHER  
20091110_743882.jpg
がむしゃら500キロ(Day 1つづき)

驚愕の光景を目にし、海の中で、パニックになりつつも、何とか身振りで少し離れた所で泳ぐさばばん達に異常を伝えた。

すると2人も「ゲホッ、ガホッ、ゴフッ!」沈没寸前だ!

良く見ると、真っ赤な顔のおっさんは、防波堤に腰掛けたままの体勢で、左手に小さな雑誌を持ち、海に向って自前のロッドを突き出して、右手でそれをつかみ、激しくシェイキングをしていた!!
とにかくそのロッドから、何かが発射される前に、媒体となるこの海から脱出しなければ!俺たち兄弟ぃ~?
Five~Four~Three…(サンダーバード風に) カウントダウンは確実に始まっているはずだ!

白い灯台の内側に付く階段まで約30m。ストクラときっよんは水泳部に所属していたが、3人とも、放り込まれた泳ぎの苦手な犬のように、バシャバシャと水飛沫を上げながら、階段まで必死に泳いだ。
どうにか防波堤に上陸し、変態おっさんの背後を小走りに通過。
3人は、自転車に飛び乗って「※▼≠§おっさん出った~っ!」と叫びながら宿へとペダルを踏んだ。

何とか変態おっさんの脅威から逃れた3人。宿に戻ってから再び暇を持て余す。周りは、海と山。他は何も無い。
仕方なく海パンのままで宿の中を探検していた。宿の主人に叱られた。海パン一丁は確かにマナーが悪かった。そこは反省。しかし、このYHと言う宿泊施設は、細かい決め事が多かった。飲酒も禁止だ。ご飯を食べた後、ミーティングを開くのだが、皆ノリが悪くやらされムード満点だった。

がむしゃら500キロ(Day 2)

翌朝、早朝に起床。先ずは白浜を目指す。快晴の中、順調に飛ばし白浜に到着。千畳敷、円月島、自殺の名所三段壁を観光。次にこの日の宿泊地点、本州最南端、潮の岬を目指した。

真夏の炎天下、黙々と海岸沿いにペダルを漕ぐ。海沿いなので勾配が少ないのかと思いきや、なかなか起伏も有り、最初は綺麗な海岸だと思って見ていた景色も、ただ同じようなカーブが続き、単調で変わり映えの無い景色だなと思うようになってきた。しんどくて、やがて日も沈んでしまった。公衆電話を探して、「少し予定より遅れます。」と宿に連絡を入れた。
暗くなった頃やっと潮の岬に到着した。

(書いてて今気付いたが、食事の記憶が殆ど無い。何か食ってるんだろうが、それだけ走りに集中していたってことか?単純に忘却か?)

潮の岬は、昨日とは打って変わって、明るい雰囲気だった。「岬めぐりのバスは~走る~♪」(題名わからん)の歌を合唱したり、ゲームをしたが、ここは、楽しかった。
(宿泊受理書を見た時点で、そんな気がしていた。)
                                  (つづく)
スポンサーサイト




Newer Entry明日っすか? Older Entry5号接近中

Comments

No title
ありゃ?いずこへ???

5号ウサギさんが近づいてますよん…

YHっ    高校時代の北海道2周チャリンコツアーは常に使用してましたっ


ガキの頃には楽しいノリでしたが…

ん~   今はどうなんだろうか???
はやく戻って来て下さいねっ
No title
おおーっ、ロンガーさんも走り屋の前はツアラーだったんですね!!
しかも、2周ですか?!やはり若い頃から半端じゃないですね。

そろそろウサギさんに備え、車に一式準備しときますw
No title
これは今なのか?それともストクラさんが若かりし頃のことなのか?
うーん、難しいです。
No title
これは、ほんのひと昔前、僕が15の頃のお話です。
No title
day1からちゃんと見れないよ!

いまでも4日間の記憶が蘇るわ!

この絵はユースホステルから送って来たんか?

メールじゃ無く手紙か電話の時代....

人がせん事してて良かった!

そや!俺のケツから血出て来たん憶えてる?

こんな話する為に1回地元で集まるか?

No title
ページめくって行ったらday1無事に見れた。

早く続きを頼みます!

道中の食事は殆どパン(ビッグロシア)やったと思うで!?

この時だけとちごてロシアの出番は多かった。

加太の食堂で白飯だけ頼んだん憶えてる?

俺はパンにしたけどな!
No title
>手紙の時代…
って、歳ばれますやん!

Day1見れて良かったですw
ケツから血は、何となく…

そしてエネルギー補給は「ビッグロシア」でしたか!
あの白い甘いやつがパンの上にかかってるやつ!
加太は、淡島神社前に何軒かまだ古い食堂残ってるけどなあ。
白飯だけ、は覚えてないけど、あそこの自販機のカップ麺だけ、ってのは覚えてるで。

まあ、ほんまにテント屋さんとカメラ小僧とかも呼んで一回4人で集まりましょうや。


10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

stocla

Author:stocla
land and water activities

ARCHIVES
ACCESS